「普通」ってなんなのさ(散文/長文)

次男が高校中退したり暴走行為で鑑別所行きになったり
次女が家出をして同棲を始めたり
親としては凹むことが続きました。『私の育て方に問題があったのではないか』と。

 

長くブログをやってきて、いろいろ記録してきました。また、それが全てではありませんが、それでもそれなりに「普通より頑張って子育てしてきた」つもりだった。

 

今もまだいろいろ悩む事もありますが
長女や長男は「御宅のお子さん凄いわね(良い意味で)」と言っていただけるくらい、分かりやすく良い子に育った。(隠れてはいるけどそれなりに色々はあるけどね!)
次女次男も色々あるけど、ご近所さまの評判は良いんだ。愛想が抜群に素晴らしいこととか。(お愛想もあるんだろうけど)

 

ただただ必死で今まで子育てを頑張ってきた。目の前にくる問題にも全力でぶち当たってきた。その場で最良と思う選択肢をしてきた。『(多分)私の子育ての仕方が悪かったわけじゃない!』そう思いたい。

まだまだ分からないんですけどね。自分の子育てが合っているかどうかなんて、孫やひ孫が出来て、それを育てているであろう年齢に我が子がなるまで分からないんじゃないかな。

 

“子育ては自分育て”とはよく言ったものだと思います。
長女が生まれた頃の私と、今の私って、ずいぶん考え方とかも変わったし、色々見えるようにもなってきたと思います。今までが見えなさすぎなんですが。自分のことでいっぱいいっぱい。本当にすみません。

 

 

最近考えるのは「普通」ってなんだろう?ってことです。
私は神経質な部分があって、保護観察期間の次男の門限で1分でも遅れると気が気じゃなかったりして(次男にもめっちゃ怒ってた!)「保護観察もついてるこの状況で普通門限守るやろ!」と。

 

保護観察の人に相談もしたんですが「ちゃんと毎日働きに行っているなら大丈夫。まずはそこを褒めてあげて」とアドバイスをいただきました。

 

その時に『私ってうるさ(細か)すぎる?』って気がついて(保護管の人は「お母さんはそりゃしんどいと思いますよ」と言ってくれました。涙出た。)

 

次女の同棲も許せるものではないけれど(私の中の普通の常識では、学生で親の世話になっている間は普通にあかんやろと。)同い年の彼氏で次男の仲間で働いている彼氏。家にいる時に聞いていたのは、次女がとても大事にしてもらっている話。次男の見解でも「あいつは次女を大事にするやろ」と。

 

私は今、母としては幸せだけれど、女として全くもってこれっぽっちも幸せではない。24歳で長女を産んでからずっと。その事で鬱にもなった。今もまだ悩んでいる。
そんな私が次女に「その恋愛は幸せになれないよ!」なんて言えない。私は選ばなかったそっちの道に幸せがあるのかもしれないから。

 

ただやっぱり「高校生の間の同棲は認めてはいない」姿勢は親として貫いた方が良いと思っているので、最低限の付き合いしかしていない。今日は次女から「ボディソープで肌が荒れた!家でいつも使ってた石鹸教えてー」ってLINEがきた。家で使っているマルセイユ石鹸を教えたら「もう少し安いので何かないかしら…」と返信が。「長女(アトピー)の愛用している【キュレル】のシリーズも荒れないんじゃないかなー」と、伝えておきました。変な感じだけど、多分これが今、私と次女に良い距離なんだろうと思う。

 

 

 

 

「普通」ってなんなのさ

 

次男が電話で話している台詞の中でよく出てくる「普通」

 

私も結構思っていた。「普通○○やろー」とか「そんなん常識やん」とか。そーゆーのって”私が生まれてから今まで生きてきた中で勝手に培ってきたもの”で、私の主観でしかない。モンスターペアレンツと呼ばれる人が「そんなの人としての常識でしょう!」とか言ってて『うわぁ…スゴイのいるわ…』って思っていたけれど、あれはあれで”あの人の中の常識”だったんですよね。むこうからすれば私がモンペだったんだろうなと。そしてそう考える余裕のなかった自分。

 

 

そんな事とか、まぁ色々考えたり、本を読んだりする中で「自己肯定感が異常に低い」自分を知る事に。例えばこんな記事とか

自己肯定感が低い人の典型的な4種類の行動パターンとその深層心理 (リンク)

う… この手の話は涙が出る。苦手なんですが、今回は頑張って向き合いたい。

(気になる人は「自己肯定感」「低い」で検索してみて。いろいろ出るヨ…)

 

 

私は今のままでいたくないんです。先に進みたい。

幸せな人生だったと思って死ぬまで生きたい(笑)

 

いろいろ読みすぎてどこで見たのか忘れてしまったけれど「自分が作った器を「私は大したことのない器だと思うのですが、あなたは大切に扱って下さいますよね?」と言われて渡されたその器は喜んで大切にしてもらえるだろうか?」こんな感じの話だったかな。「自分が大事にしていない価値のないと思っている自分を誰かが大事にしてくれるわけないでしょ?」

「普通」ってなんなのさ

 

「謙虚は美徳(正義)」だと思っていたけれど、そうじゃなかった。

ヒントは沢山もらっていたんですけどね。何年も前なんですが、友人のお姉さんx義兄さんにイラストのお仕事をいただいたのですが「ありがとう!代金はいくら?」と言われて「いえいえ!友達の義兄さんだし、私のイラストなんてそんな価値ないし~~」的な返事をしたのです。『え…そんな風に思うもんじゃな…いや、いいよ、この話は。気にしないで。』的なメールをいただいて。そして現金ではなく御礼の品が届きました。『やっぱり成功する人は違うわぁ~!(かっこいい!)』御心遣いに感動したのと、謙虚なんだか遠慮なんだか分からない自分の物言いを恥じたものです。今でも思い出すエピソードです。私もあんな風にできる人になりたい。と。

 

少しづつ、イラストや漫画の仕事も増え、料金の改定の度にちっちゃな自尊心と向き合ってきました。まだまだ先は長そうですが(笑)

いいんです。自分がダメダメなその分、子供達の良いところが見えるから。長所と短所は表裏一体、紙一重。

 

最近は”世界の果てまでイッテQ”の”みやぞん”さんがお気に入りなんです。山登りしている時にスタツフの人に「しんどくないんですか!?」と聞かれて「まだまだ登れるって幸せ~♪」って言って。絶対そんなこと思ってられるしんどさじゃないはずなんですよね。その時にみやぞんの言ったセリフが「自分の機嫌は自分でとる♪ 誰かにとってもらおうとしない!!」って言って百戦錬磨のはずのスタッフも根をあげる山をさくさくっと登って行ったんです。

 

目から鱗というか…

結婚生活、私は夫に幸せにしてもらえるはずだと思っていた。幸せでない事をずっとイライラしていた。『私は家事も育児も”普通”以上に頑張ってきたはずなのに、”普通”の幸せすらない』と。私は自分で幸せになる努力をしないといけなかったんです。

 

 

 

子供たちはそれぞれに頑張っています。

 

子供たちが「20歳になるまで」または「学生終了」まで、親として見守りたいと思っています。それが私の考える”親の責任”。あと2年ほどかな。孫や子に関わりを持ちながら生きる道も素敵かもしれませんが、私は少し距離を置く道を選びたいと考えています。

私も次のステージに進む時だと思いますし、進みたい。いつまでも文句ばかり不平不満を言い続ける自分はもう嫌なのです。

 

「まずは私が私を養っていけるだけの収入を確保できるようになる」が目標です。それができないと選択すらできない。

 

あと、旅ってあんまりした事が無かったんです。23歳で結婚するまでは日々の生活でいっぱいいっぱい。24歳で子供が生まれてからは、子連れだとお金もかかる。贅沢できる身分ではないと思っていましたし、夫の仕事も休みが無い職場でしたので(今はありすぎてウンザリ…なぜ子供が小さくて大変な時に休みがなかったのか…)1泊、一番長くてお正月の2泊、私の実家に泊まるくらい。旅行はのんびりするものではなく”家族サービス”でした。夫は自分の準備はするように躾けましたが、子供4人と私の準備は全て私。帰ってきたら家族分の大量の洗濯物…。

 

今はね、長女とか、友達と1週間とか旅行に行くんですよ。写真好きなので同じ趣味仲間と一緒に。素敵な写真を見せてもらいながら、なんて羨ましい!!素敵!!

 

 

今は仕事も楽しくて、なかなか行けないかもしれないけれど、淡路島に行きたいなぁって考えています。1週間とか10日くらい。ひとりで連泊!景色のいいところでのんびり、読書をしたり!

(ご飯の作り置きしとけば、夫も子供ももう自分のことは自分で出来るよね!)

 

淡路市~洲本市あたりを狙っています。オススメとかあったら是非教えて下さい♪『車(レンタル)かな~? 電車かな~?』とか初歩から始まっています。これでも進んだんですよ! 数日前までは『沖縄から北海道まで…どこがいいかなぁ?』でしたから!(笑)下調べとか苦手なのでぼちぼちと。

 

 


1日がかりで書いた日記です。言いたい事がなかなかまとめられなくて、書いてからも何度も読み直して修正をして…

「夜に気持ち関連の文章を書いてUPしたらあかん」と聞いた事があります。無駄に長文と中二病要素が入るからとか。なるほど!納得です。いろいろ詰め込んでます(笑)

 

長文にお付き合い下さりありがとうございました。

 

 




4コマ漫画連載終了!
アイシンミシンの公式販売サイト【笑顔のたまご】

2010年からお世話になってきたアイシンミシン。2018年9月、ついに137話、最終回を迎えることができました!! アイシンミシンはこれからも愛用していくと思います(*^^*)長い間応援ありがとうございました!




6 件のコメント

  • 私も親になって「普通」が難しいものだと分かりました。今までの
    経験や、世間を見てきた目があって、はじめて「普通」の平均が
    自分の中で出来るんでしょうね。そして、子供たちは、まだその
    「普通」が未熟なんでしょう。
    親だから、自分の子なのだから、同じ「普通」目盛りで測って
    いると思ったら、サイズが違う事がしょっちゅうです。
    「普通」の壁に常にぶつかります。

    私は、自分を持っていて、自分らしさがあるマツキヨコさんが
    とてもうらやましいです。

    • ありがとうございますありがとうございます(*´ω`*)もう、ね、ありがとうございますって受け取った方がいいんだよね!きっと!
      慣れないし恥ずかしくてあわわわわってなっちゃうけれど、「嬉しい」って思える気持ちを大事にしたい!本当にありがとうございます!

      そうなんです!「サイズ感が違う」んです!まさにそこなんですが、よーく考えてみたらそうなんですよね。なぜ私は「私の常識=世間の常識」と思っていたのか…ああ、恥ずかしい…_| ̄|○

    • お久しぶりです~~!!(mixiすっかりご無沙汰で退会しちゃったよ…)声かけてくれてありがと~~!!(´;ω;`)
      そっか…もうそんなに経つんだね!あの頃からずーーっとぐちぐち言ってるんだよねぇ…成長していない自分が恥ずかしいよ…今度こそ変わりたい!!

      そうなの!次女に聞いたのよね「4人とも同じように最大級の愛情を持って育てたはずなのに(むしろ3人目4人目の次女次男には甘かったはず!グレるなら厳しく接してきた長女長男の方では!?)この差はなぜ!?」と。
      言われました「あー、それは私と次男のせいだから(個性)」って!! なるほど個性なら仕方がない(笑)
      大好きな気持ちは今も変わらないので(時々本気で嫌になったりもしますがw)上手に距離を保ちつつ、幸せに(法律に反しないように)生きていけるように願うばかり。

      「紙博」っっ なにこれ!?こんなのスキスキ~~~~~♪ここなら自分でも行けるよ!!私もぼっちで楽しむ~~~♪一人の方が自由度が高いし良いかも!
      『バーーーンッと旅に出てやるわ!(ついでに移住も視野に!)』と思って、今日いちにちPCに向かってあれこれ調べていましたが、楽しいけど疲れる!(元々計画立てるの苦手だし..)
      それが、なりちゃんの紙博の話を聞いて、検索かけて『かわいい~♪』ってなって、すぐカレンダーに予定を書き込んじゃった!気負わなくていいのが良いね!!チャレンジしてみるよ!!
      素敵なアイデアをありがとう~~~~✨

    • ありがとうございます~~~
      そうなんですよね、きっと。そんなつもりは無いけれど、私の心の何処かに「やってあげてる」ってのがあるから苦しくなっちゃうんだろうなぁ…と。そしてそんな自分が恥ずかしい(;_;)

      “心にスペースを”そうですね!私に足りないのはそこかも…なんかいっつも詰め込みまくっていて、そうしないと落ち着かない感じで、そーゆーのも問題なんだろうなぁ。
      全てが子供中心で動いていた私の世界も、子供に手がかからなくなって自分を軸に動けるようになってきたので”心にスペース”ができる生き方が出来る様に心がけたいです♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。