自分の長所(資質)を見つける方法

自分を知りたい私が【ストレングス・ファインダー2.0】を買ってみた

私は自分のことを「どうやら私は少し変わっているらしい?」という程度にしか分からず過ごしている。46歳になる今でも「自分探し」的なものが続いていて、もしかしたら、私は人生終わるまで、ずっと自分探しをしていくんじゃないかと思っていた。

この本に出会うまで。

面白かったので、私と同じように悩んでいる人とも共有できれば思い記事にしてみました。

この本に惹かれたのは「自分の強みを知り、その資質を生かす」に重点が置かれているというところ。(私は自分の悪いところや嫌いなところなんていっぱい知っているし、うんざりもしている。)

本を購入すると付いてくる「アクセスコード」を使って、インターネットを介して質問に答える。
177個の質問に全部答えないといけないし、30〜40分もかかるし大変でしたが(1問につき制限時間20秒なのであっという間でした)、だからこその精度の高さだと思います。

アクセスコードが使えるのは一度だけ。中古本ではなく必ず新品の本を購入してください。

 

自分のことを知りたい私が【さあ、才能(じぶん)に目覚めよう/ストレングス・ファインダー2.0】を買ってみた

 

私の上位5つの資質は〈収集心〉〈内省〉〈原点思考〉〈回復志向〉〈共感性〉でした。

あなたは本能的に、示唆に富む会話に割って入ることがあるかもしれません。あなたはおそらく理論に基づいてーーー
(「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」より)

これ…私と会ったことがある人は分かるかも…。ついやっちゃって、聞きたいことがいっぱいあるのに、自分が話し過ぎてしまう…あとで思い出しては、ほんと凹むんです…トホホ

本に没頭することがよくありますーーー
(「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」より)

図書館が本を読みながら飲食可能な場所なら1日過ごせます。マンガ喫茶も姿勢が辛くならない限りいつまでもいれるほど好きです。「知らない事を知る」ことが好きなんだと思います。1日1回は本を読むのは当たり前だと思っていたし(漫画を含めて)世の中のみんなそーゆーもんだと思っていたんだけれど、どうやら違うらしい。〈収集心〉の資質と聞いて、なるほどなーと納得。

 

ストレングス・ファインダーで「強みの元」を知ったら、自分の思考、感情、行動の「特徴」を活かせるように進めることができると思います。発見した自分の強みをいかにして生活や仕事で活かしていくかも書かれています。

 

その他にも

私は自分のことがよく分からない。
周りの人にも聞いてもイマイチ分からない(そりゃ言いにくいよね)

私以外の人は皆ちゃんと自分のことが分かっているんだろうか。
私は自分のことが知りたい。

 

血液型(AB)や星座(天秤座)、動物占い(ゾウ)なんかの占い的な性格判断も見る。がっつり信じている訳ではないけれど、見てしまうし、嫌いではない。

右脳左脳テストも右脳派で、私が圧倒的な感覚人間なのは当たっていると思う。(面白い。)

 

この本も面白くって、今も私の本棚に並んでいます。私は長子なんだけど、同じく長子の長女とうなづきまくってた(笑)

調査や統計、研究された所から出てくる話は信憑性があって好きです。が、全部が当たっているかといえば、そんなことはない。これは占いでもそうだけれど…提示されたことの中から自分に必要な部分だけ抜き出して、心に落とし込む。